2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
背景が赤色の日は休業日です。注文確定メール・出荷業務を行っておりません。
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ご購入相談・サポート

平日10:00〜19:00
0120-059-768

メールフォーム

 

 

Windows7や8をデータや環境そのままでWindows10へのアップグレード作業に対応しております。


 

お使いのパソコンがWindows10に移行できるか無料でご相談承ります。
Windows10へのアップグレードが失敗してしまう方もご相談ください。

データは消えません


 

OSだけがWindows10にアップグレードされます。
ソフトウェア環境に変更はありません。データもそのまま保存されています。
正規ライセンスでのアップグレードです。ライセンスの違法などによるアップグレードではありません。ご安心ください。

まずは本当にアップグレードが必要なのかご確認ください

今すぐにWindows10にアップグレードをしないと危険性があると煽る文章が目立ちます。
 
・セキュリティ更新切れのため危険な状態
・ウイルス感染で個人情報が漏洩
・IDやパスワード流出による不正アクセス
・Windows7コンピュータを標的にしたサイバー攻撃
 
決して間違いではありません。
ただし、周りの方でウイルスで被害を受けた。もしくは、与えてしまったという方は、ほとんど聞かないと思います。
マイクロソフトやトレンドマイクロなどセキュリティ会社、パソコンサポート会社もビジネスです。
ユーザーの安全性のために注意喚起するのは良いことですが本来の危険性以上に、
アップグレードの更新を煽っているようにも感じます。

パソコンに不慣れな方なら必要なのかもしれませんが、
Windows7をそのまま利用するだけで壊れたり、ウイルスが感染したりする訳ではありません。
Windows7を使うことで甚大な損害が発生する可能性はとても低いです。
パソコンの操作に慣れている方なら、海外の変なサイトを見たり、迷惑メールの添付ファイルを開くこともないはずです。

リスクのとらえ方はそれぞれですが、
Windows7だとなんとなく不安という方でも本当に必要がなければ現状のままでもよいと思います。

アップグレードしなくてよい方

  • Windows7を使い続けるのは、よくないような気がするが特に速度や操作に不安はない。
  • ネットは使わない。
  • 写真を保存したり編集しかしない。
  • WordやExcelしか使わない。
 

▼アドバイス
現状のままの使い慣れたOSでご使用ください。
タイミングが来たときに新しいパソコンに買い替えましょう。

アップグレード推奨の方

  • 今のパソコンで設定やソフトウェア環境を引き継ぎたい。
  • 今の環境に不満はない。新しく買い替えて最初から設定したくない。
  • やはりセキュリティに不安がある。
  • Windows10でないと使えないソフトがある。
  • インターネットを見たりメールを使用する。
 

▼アドバイス
アップグレードされるなら早めが望ましいです。
パソコンが動作しているうちにSSD交換で動作を早くして、環境そのままでWindows10に乗り換えましょう。

同時にハードウェアも増強が望ましい

すでに10年近く経過しているパソコンです。アップグレードして古いパソコンを使い続ける場合、
セキュリティリスクは減ってもハードウェアの故障リスクは継続利用するごとに高まり続けます。
 
購入した当初に比べて遅くなったなと感じているならば、ハードウェアの増強(SSD交換+メモリ増設)をお勧めしています。
 
使用して5年以上経過からパソコンは劣化していきます。
以前と比べて異音がする。だんだん動作が重くなってきた方は要注意です。
10年以上経過すると故障率が急上昇します。
 
 


 

 

Windows10にアップグレード後、SSDに交換してソフト・データ・環境を移行。内部クリーニングするお得なセットです。
ハードウェアが最新化するためパソコンの動作速度も劇的に向上します。
 
 
 


 

各メーカーのWindows10アップグレード対応状況(メーカーサイトに遷移します。)


 
 

メーカーの公式サイトで「この機種はWindows10に対応していません」と記載されていても、
実際には一部の機能や一部のソフトウェアが対応していないだけで、
基本的な操作は可能な状態でアップグレードができるモデルがほとんどです。

アップグレードのOSと条件


 

弊社のアップグレード代行作業はメーカーが保証していなくともWindows10アップグレードは可能です。
Windows7や8のモデルのパソコンであれば必要な性能を満たしていることがほとんどです。
XPやVistaのパソコンをいったんWindows7にした後、Windows10へのアップグレードは対象外となります。

Windows10にアップグレードするメリット


 
  • 最新のパソコンを購入し直す必要がない。
  • 既存の環境を引き継げる。
  • 使い慣れたパソコンをそのまま利用できる。
  • マイクロソフトによるプログラム更新サポートが引き続き受けられる。

Windows10にアップグレードするデメリット


 
  • 操作性が違うため慣れるまで戸惑う。
  • メーカー独自のソフトウェアが使えなくなる可能性がある。
  • 主にパソコンのテレビ機能(再生・録画全て)やショートカットボタン(キーボード上部にあるボタン)
  • プリンターなど古い周辺機器の場合、使えなくなる可能性がある。

Windows10アップグレードよくある質問

Q,アップグレードしたらいつまで使えますか?

今のところ最終の期限は2025年10月となっています。
これまでXPやWin7など普及台数が多いOSの場合、サポート期限は延長されてきた歴史があります。
同様にWindows10も延長が予想されます。
 
主なMicrosoft製品のサポート期間

Q,ハードウェアの要件はありますか?

お使いのパソコンでWindows10にアップグレードするための要件は以下のとおりです。
 
・CPU(プロセッサ):1GHz以上
・RAM(メモリ):32bit OSで1GB/64bit OSで2GB
・ハードディスク容量:32bit OSで16GB/64bit OSで20GB

OSの条件は以下のとおりです。

・Windows 7
・Windows 8
・Windows 8.1
 
*Windows Vistaはアップグレード不可能です。

ハードウェアを取り替えるとアップグレードできないとしている会社もありますが、
CPUやマザーボードなどを除き、一般的には対応できることがほとんどです。

Q,アップグレードと買い替え、どちらが良い?

金額も安く、データや利用環境もそのままなのでアップグレードがお得です。
新品が必要な理由があれば買い替えをお勧めします。

Q,Windows10にして問題が出ませんか?

TVチューナー内蔵パソコンなどの場合、TVチューナーや録画機能などが使えなくなる場合があります。
また、ネットワークの共有ポリシーが厳しくなっているので、LAN共有されているPCではWindows10にアップグレード後、
共有設定のチェックや修正が必要な場合があります。

Q,ダウングレードにも対応していますか?

Windows10にアップグレードをしたことによる不具合の場合、元のOSに戻す対応を行います。

Q,Windows10にアップグレードできない原因とは?

パソコンのスペックが不足していたり、ドライバが対応していないことが主な原因です。
スペックが低い、HDD容量、メモリ不足などはアップグレード開始前にエラーメッセージが表示されます。

Q,Windows10を新規インストールする方法は?

新規インストールで使う場合、環境は初期状態です。
この場合だと、Windows Vista世代のパソコンもWindows10にすることが可能です。
メリットとしては同じパソコンを使い続けられることです。
使い続ける必要性は特別な理由でなければ、最初からWindows10のパソコンを購入した方が、
今後の継続利用を考えるとお得だと思います。
中古のWindows10のパソコンなら20,000円程度から販売されています。
アップグレードを検討されている方なら家電量販店で10〜20万円もする新品を購入する必要はありません。

ページトップへ